プランニング

社会参加を重視したリハビリ目標を設定するICF活用のツボ

現在の医療ではICF(国際機能分類)をもとに情報整理、情報共有することが基本となっていますが…

リハツボ
リハツボ
ICFを普段の臨床で使えていますか?

ICIDHの方を使っていますか?

ICIDHではプラス面や環境因子が考慮されにくいので、対象者のマイナス面に着目したアプローチになりやすいように思います。

ICFは対象者の全体像を把握するために有効なツールで、社会参加に向けたマネジメントを行いやすくなります。

リハビリを実施する際は、プラス面を有効に活用することで、負担の少ないリハビリが提供できます。

今回は臨床でのICFの活用方法についてお伝えできたらと思います。

ICFについて

1.ICFとは

ICFとは2001年にWHO(世界保健機関)が提唱した、国際機能分類(International Classification of Functioning ,Disability and Health)の略称。健康状態、心身機能、障害の状態を相互影響関係および独立項目として分類し、当事者の視点による生活の包括的・中心的記述をねらいにする医療基準

wikipediaより引用

「人が生きる」ことを

  1. 生命レベル = 心身機能、身体構造
  2. 生活レベル = 活動
  3. 人生レベル = 参加

の3つのレベルとそれらに影響を与える個人因子、環境因子なども含め、総合的に捉えようと提案しています。

ICIDH(国際障害分類)との大きな違いは、マイナス面よりもプラス面をどう増やしていくかという視点が必要となることです。

2.各項目について

図1 ICF(国際機能分類)モデル

健康状態(変調または病気)

  • 病気
  • 外傷
  • 全身状態(肥満、加齢など)
  • ストレス状態(不眠、便秘など)

心身機能・身体構造(生命レベル)

  • 身体の動き
  • 精神の働き
  • 感覚、知覚
  • 部分的な身体の状態(欠損、アライメントなど)

活動(生活レベル)

  • 日常生活動作(ADL)
  • 日常生活関連動作(IADL)
  • 余暇活動(できる活動・している活動)

参加(人生レベル)

  • 社会参加
  • 仕事
  • 家庭内の役割
  • 地域活動への参加
  • 政治活動への参加

環境因子

  • 人的環境(家族、友人、仕事の仲間など)
  • 物的環境(建物、場所、公共交通機関、福祉用具など)
  • 制度的な環境(医療・介護保険、年金、生活保護など)

個人因子(個人の尊重)

  • 年齢
  • 性別
  • 生活歴(職歴、学歴、家族歴など)
  • 価値観
  • ライフタイル

ICF活用のツボ

ここからはICFをリハビリ中にどう活用するかを説明していきます。

1.リハビリでのICF活用方法

ICFを効果的に活用することにより対象者を多角的に考えた目標設定プラス面を考慮したアプローチが短時間で可能になります。

ICFの項目を埋めることが目的になると活用が難しいので、効率的に情報収集を行う必要があります。

①個人因子と健康状態の把握

本人、介護者のニーズと健康状態を照らし合わせます。

②環境因子の情報整理

対象者、介護者のニーズが満たせる状態にあるかを環境面からも検討します。

③参加の情報整理

本人のニーズが参加になるように情報収集します。本人の人生の課題になるので、あくまでも本人の意志で決定します。

※本人が決定できない場合は意思表示や意思発動ができることが目標です。

現実的な目標がわからない場合は現実検討していくことが目標になります。

  • マイナス面:長期目標に設定
  • プラス面:マイナス面の改善に最も有効に思われる現在の参加

④活動の情報整理

参加につながるように活動をピックアップします。

  • マイナス面:短期目標に設定
  • プラス面:24時間コンセプトでマイナス面の改善につながる活動

⑤心身機能、身体構造の情報整理

活動とつながりがある機能をピックアップします。

  • マイナス面:短期目標達成に必要な機能
  • プラス面:マイナス面の改善につながる機能

プラス面とマイナス面の関係を回復段階で考えることでアプローチを容易にします。

プラス面(第1段階) ~ マイナス面(最終段階)

2.ICFの活用例

必要な情報のみを収集して大まかに仮説を立てます。

症例
A様70歳代の女性で転倒により左大腿骨頸部骨折を受傷。人工骨頭置換術を施行し、術後1ヶ月で現在は歩行器歩行自立、病棟内の生活は全て自立している。独居の方で受傷前は自宅から200ⅿのスーパーへ独歩で買い物へ行っていた。最長2ヶ月で退院予定。

①個人因子と健康状態の把握

左大腿骨頸部骨折OPE後1ヶ月で病棟内歩行器歩行。2ヶ月後には自宅から200ⅿのスーパーへ独歩で買い物へ行けるようになる。

②環境因子の情報整理

2ヶ月後のバランス能力によっては、屋外歩行時のT字杖使用を提案する。

③参加の情報整理

  • マイナス面:自宅から200ⅿのスーパーへ独歩で買い物へ行くことが難しい。
  • プラス面:病棟内は歩行器歩行で自発的に洗濯や下膳ができている。

④活動の情報整理

  • マイナス面:病棟内は杖歩行介助
  • プラス面:病棟内は歩行器自立

◆24時間コンセプト

左股関節周囲筋を継続的に使用できるように、歩行器歩行の質を改善して杖歩行の獲得へつなげます。

この症例の場合、立位バランスが改善するように生活をマネジメントすることが必要です。

立位での整容動作など様々な活動で左下肢への荷重を促し、効率的に機能を使用します。

リハツボ
リハツボ
生活の中で頻度が多い活動から優先的にマネジメントするとよいでしょう。

⑤心身機能、身体構造の情報整理

  • マイナス面:左股関節周囲筋の筋力低下、バランス能力低下
  • プラス面:左下肢への荷重が幾分可能

図2 症例A様のICF

リハツボ
リハツボ
プラス面で現状を把握することで、アプローチではプラス面を活かしながらマイナス面を改善していけます。

マイナス面のみに着目するよりも、やさしいリハビリになるような気がしませんか?

この情報をもとに期限と指標となる数値を決め、目標を具体的にすると更にリハビリの効果があがると思われます。

実現できるリハビリ目標を設定する5W1H活用のツボ 現在、リハビリの方法は無数に存在します。 ただリハビリの効果が思うようにあがらない原因は… ...

最後までご観覧いただきありがとうございました。

この記事が臨床で悩むセラピストの一助となれば幸いです。